資料請求 ご来場予約
ヴェリテ弁天町

JR大阪環状線「弁天町」駅徒歩9分の新築マンション

CONCEPTコンセプト

弁天町の暮らしに
新たな価値を。
空撮 空撮

VERITE×弁天町

南海電鉄グループがお届けする
マンションブランド「ヴェリテ」。
南海電鉄 × 南海不動産の「真理」を結実。

南海電鉄グループは、鉄道事業を中核として、地域振興、住宅地の開発など、さまざまな事業を通じて社会創造、社会貢献を行ってきました。
特に南海電鉄と南海不動産は、人々の暮らしに寄り添うことで、そのニーズを満たし、よりよい住まい、そして暮らしを提案し続けています。
分譲マンション事業ではこの2社が手を携え、マンションブランドを立ち上げました。
「ヴェリテ」とは仏語で真実、真理、正直を意味する言葉です。
「本当に価値ある住まいをお届けしたいという思い」を込めた「ヴェリテ」にご期待ください。

ヴェリテにふさわしい街「弁天町」との出逢い。

本当に価値ある住まいを追求する「ヴェリテ」シリーズが巡り合ったのは、古い歴史があり、今なお新たな発展を続ける大阪副都心「弁天町」でした。 この地の持つポテンシャルを存分に活かした価値ある住まいの創造を目指すプロジェクトを発足。 確かな信頼の上に築き上げられた上質な空間と都市に暮らす人々に新たな価値を創出する「ヴェリテ弁天町エアリー&ブライト」。 明るい未来へとつながる総94邸のツインレジデンスの誕生です。

ヴェリテ永和駅前
観完成予想図(竣工済)
外観完成予想図(竣工済)
ヴェリテ洛西口駅前
外観完成予想図(竣工済)
外観完成予想図(竣工済)
ブランズ・ヴェリテ堺七道
外観完成予想図(竣工済)
外観完成予想図(竣工済)
ヴェリテ河内長野
外観完成予想図
外観完成予想図

歴史ある成熟した都市機能が集まる副都心、弁天町

江戸時代から現代まで開発が行われ、
発展し続けてきた弁天町。

5代将軍・徳川綱吉の命を受け、河村瑞賢が安治川の開削に着手したのが1684年(貞享元年)。
九条島の中央を削り取り、新しい川を掘って淀川の水流を大阪湾へ直線的に導く工事でした。
淀川が“安けく治まる”ようにと“安治川”と命名されました。
この時の土砂が南岸に積み上げられて波除山と呼ばれ、明治末期まで残っていました。
1698年(元禄11年)には市岡与左右衛門が、現在の波除、磯路、南市岡、市岡の各地域にまたがる広大な市岡新田の開発を開始。
大阪沿岸で開発された新田のうち最大のものでした。
1903年(明治36年)には大阪市初(公営としては日本初)の市電が港区に開通。
1925年(大正14年)、現在の磯路3丁目付近に、大規模な娯楽遊園地・市岡パラダイスが開設され、大阪の新名所となるなど大いに賑わいます。
弁天町~大阪港の地下鉄と、大阪環状線の西九条~弁天町~天王寺が1961年(昭和36年)に、弁天町~本町の地下鉄が1964年(昭和39年)に開通しました。
1993年(平成5年)にオーク200の全施設が完成、副都心としての機能を果たしています。

江戸時代の港区の新田 江戸時代の港区の新田

築港大桟橋 築港大桟橋 ※出典:港区のあゆみ/発行:大阪市港区役所総務課
平成7年/編集・出版:福岡公文堂

今もなお、発展し続ける街。
ターミナル都市として多方面へ広がる暮らし。

昔ながらの街並みが残る弁天町界隈。
九条商店街をはじめ、安治川の下を通る川底トンネルの安治川隧道など、古き良き昭和の雰囲気が漂うスポットが点在。
一方、ショッピング・医療・教育など各施設はもちろん、フィットネスクラブや広々とした公園など、暮らしを快適に演出する都市機能が充実しています。
弁天町駅前には現代的な高層ビル、オーク200が建ち、活気ある都市の様相を呈しています。
下町情緒と先進の都市機能が共存する弁天町エリア。
さらに、海遊館など多彩なスポットが集まるベイエリア、イオンモールも併設された京セラドーム大阪も生活圏です。

天保山 天保山

オーク200 オーク200

イオンモール大阪ドームシティ イオンモール大阪ドームシティ

京セラドーム 京セラドーム

※掲載のイラストは、イメージです。位置関係を示す概略図は、実際の距離感・スケール等とは異なります。※表示時間は日中平常時のもので、時間帯により多少所要時間が異なります。また、乗り換えや待ち時間、徒歩分数は含まれておりません。※徒歩分数は80mを1分として計算した徒歩概測時間です。※掲載の写真は平成28年4月に撮影したものです。