「ヴェリテ河内長野」の魅力に迫る!スペシャルコラム

第2回 ご存知ですか?マンション購入で節税対策という方が増えています。

【相続税】相続税の納税対象者が急増。注目を集めるマンション購入!

平成27年1月1日からの相続税の税制改正により、基礎控除額が引き下げられました。これまでは「5000万円+(1000万円×法定相続人の数)」だった基礎控除額が、「3000万円+(600万円×法定相続人の数)」に改正されました。このように控除額が4割も縮小したことで、持家や退職金、預貯金などの遺産が4000万円程度でも課税される可能性が出てきたため、今年から納税対象者が増加すると見られています。同時に2億円超の相続財産に対する税率も見直され、大きな財産を持つ資産家にとっても負担が増えることに。そこで注目されているのがマンション購入による節税対策です。
相続税では、相続する財産の種類によって評価額が異なります。現金の場合はそのままで評価額となりますが、不動産は時価よりも評価額が下がるケースが多いので、現金を不動産に変えることで節税効果が得られます。中でも一戸建ての土地や建物よりも分譲マンションの方が節税対策としてより効果的です。

基本控除額の引き下げ

【贈与税】子どもの住宅購入資金援助で節税!

親子間でも基礎控除額の110万円を超える金品の贈与には贈与税がかかります。
しかし、子どもの住宅購入に対する援助については、一定額まで非課税になる特例があります。
親の資産を減らすことで、将来の相続税負担を軽くする効果も期待できます。

住宅取得資金の贈与の場合に使える特例

【2世帯近居】親も子も嬉しい近居をご提案!

親子の住まい方として、従来の「同居」ではなく近くに住む「近居」が支持を受け始めています。普段からお互いに行き来できる近さに住むことで、何かあったとき困ったときには助け合える安心感がありながら、それぞれの生活スタイルは尊重できるのが近居の魅力です。

子世帯のメリット・・・○ 料理や家事のアドバイスをもらえる。○ 安心して仕事を続けられる。○ 万が一の災害時も、近くだと安心。/親世帯のメリット・・・○ 外出の機会が増えて健康に。○ 老後もそばにいてくれる安心感。○ 病気やケガの時に心強い。

安心して新生活を迎えるために、住まいの買い替えもサポートします。

ヴェリテ河内長野は、南海電鉄グループによる新築分譲マンションです。事業主(売主)である南海電鉄と南海不動産は、確かな信頼をバックボーンに不動産事業を展開。お客様が現在お住いの持家から買い替えをご検討なら、グループの総力をあげてサポートしますので、安心しておまかせください。

駅近の新築マンションは、数が少ないので資産性も高いです。

河内長野市で11年振りとなる新築分譲マンションが、ヴェリテ河内長野です。最新の設備を備えた新築分譲で、しかも駅近となると数が少ないため、資産性の点でも指折りです。相続税対策として不動産に注目が集まる今、立地と品質の高さからも、資産価値を維持しやすい本物件をおすすめします。

※掲載の室内写真は「ヴェリテ河内長野」モデルルームにて平成27年7月に撮影したものに一部CG加工・合成を施しており、家具・調度品等や一部オプションは分譲価格に含まれません。あらかじめご了承ください。

ページトップへ