「ヴェリテ河内長野」の魅力に迫る!スペシャルコラム

第4回 ヴェリテ河内長野が選ばれる理由!近居|買い時|マンションに住むメリット

【近居】親子2世帯が近い距離で暮らす『近居』なら、お互いに、安心して快適に暮らせます。

『近居』には様々なケースがあります。

昔ながらの同居よりも、近居が良いと考える人が増えています。近居は「親世帯が住む戸建てに近いマンションに子世帯が住む」ケースや、その逆で「親世帯が生活便利なマンションに住み、子世帯が戸建てに住む」ケース、「親世帯も子世帯もマンションに住む」ケースなどがあり、親子のライフスタイルや考えに合わせて住まい方のケースも様々です。

近居ケース

子世帯のメリット/親世帯のメリット

【買い時】低金利や税制優遇・住宅支援施策など、マンション購入には絶好のタイミングです。

『住宅ローン控除』

最大200万円控除→最大400万円控除/当初10年間 ローン残高の1%が控除される

※ローン控除には諸条件があります。詳しくは係員までお問い合わせください。

消費増税に伴う新制度『住まい給付金』

最大30万円給付

【対象】新築住宅・中古住宅(個人間売買は対象外)、ローン利用時だけではなく、現金取得の場合も利用可能(追加要件あり)【内容】引き上げ後の消費税率が適用される方に現金を給付。※実際の給付額は、都道府県民税の所得割合によって決まります。給付対象となる住宅および住宅取得者には条件があります。※詳しくはホームページでご確認ください。http://sumai-kyufu.jp

河内長野市『子育て・若年夫婦 マイホーム取得補助制度』

最大30万円給付

※助成金には諸条件があります。詳しくは係員までお問い合わせください。

住宅ローンを組む際に加入する『団体信用生命保険』で万が一の時にも安心!

ガン(悪性新生物)/脳卒中/急性心筋梗塞/死亡でローン残高0円

※住宅ローンの商品により金利などの条件が異なります。詳しくは、係員にお問い合わせください。

史上最低水準の『低金利』の今がチャンス!

景気の上昇を目指したアベノミクスや日銀の政策で、長期金利(10年国債回り)が上昇する可能性があります。住宅ローン金利は長期金利に連動するので、今後はローン金利も上昇化する可能性があります。

■借入金額3,000万円・35年返済の場合

マンション建築費は上昇中?!

建築資材の値上がり/需要バランスの崩壊/労務人員の不足■工事原価の変動を示す建築指数グラフ(集合住宅RC造)

建設物価調査会が毎月公表している建築費指数(2005年が100)によると、東日本大震災後から、2014年1月までに110.6まで上昇している。

【マンションに住むメリット】現在のお住まいと比べてみてください。「ヴェリテ河内長野」ならメリットがございます。

『マンション』が選ばれる理由!

これからのライフスタイルを考えれば、やっぱり「ヴェリテ河内長野」!そう考える方々は、ヴェリテ河内長野なら、立地、資産価値、広さから光熱費のコスト面、将来的なメンテナンス面、セキュリティに至るまで、あらゆる点で満足・納得して選ばれています。

『家賃』を払い続けますか?

家賃を払い続けた場合の合計を試算してみると、マンションを購入するのに十分な金額に。同じ金額なら賃貸と違い、分譲の場合は毎月返済することであなた自身の「資産」になります。また先進の設備や造作の品質も分譲に軍配が上がり、快適性や住心地に差が出ます。

※上記記載の住宅ローン返済例は、Ggタイプ(107号室)販売価格(税込)/2,280万円を頭金0万円・借入金額2,280万円(元利均等35年返済、変動金利0.725%(店頭金利より1.75%優遇/全借入期間))を借り入れた場合、月々返済額61,480円、ボーナス払い0円となります。■提携ローン/地方銀行●販売価格に対する融資限度額の割合/100%(他の借入金を含む)●融資限度額/100万円以上5,000万円以内(1万円単位)●返済期間/1年以上35年以内●利率/年利0.725%(変動金利、金利店頭金利より−1.75%)●保証料/借入期間35年の場合100万円につき20,610円●融資代行手数料/52,500円※提携ローンは一定要件該当者が対象です。金利は年2回見直しされますが、返済額は適用金利が変わっても5年間一定で、5年ごとに調整されます。(但し、前返済額の1.25倍が限度)。適用される金利は融資実行時のものとなり、表示されている金利・返済額と異なる場合があります。金利については、平成25年7月25日現在になります。

ページトップへ