構造・セキュリティ

つながる

ヴェリテ基準

セキュリティ

写真

24時間365日、安心を見守るセキュリティシステム/モバイルサービスとセキュリティサービスが一体化した【New HiSCT】

パナソニックの最新インターホンシステム「Windea」の持つ通知機能とCSPの多彩なモバイルサービス、パトロール員によるセキュリティサービスの融合により生まれた最先端のトータルマンションセキュリティシステムです。宅配通知、帰宅通知、来訪者通知など、状況に応じたメールをご入居者様の携帯電話にお届けしたり、防犯・防災の異常信号受信時にはCSPパトロール員が緊急対応を行います。

図

写真

ロボットゲート

駐車場出入口には、不法駐車や不審車両の侵入を防止するため、車内からリモコンで操作できるチェーンゲートを設置しました。

写真

敷地内要所に防犯カメラを設置

エレベーター内、エントランスホール、駐車場など敷地内の要所に録画可能な防犯カメラを設置しています。防犯カメラがあることで抑止効果もあり、敷地内の安全性・防犯性を高めました。(エレベーター内以外はリース対応)

写真

エレベーター内モニター

1階のエレベーターホールに設置されたモニターで、エレベーター内の防犯カメラの画像をご確認いただけます。録画機能も搭載しています。

写真

防犯マグネットセンサー

玄関扉・住戸の窓※1に、防犯マグネットセンサーを設置。防犯セット状態とした窓を無断で開けると、住戸内に警報が鳴り、自動通報されます。
※1階及び10階住戸の面格子のつかない窓(FIX窓を除く)と、全住戸の玄関扉にのみ設置。

玄関ドアセキュリティ

写真

【ダブルロック】

玄関ドアは防犯性を高めるため、上下2ヶ所のダブルロックとしています。

写真

【鎌デット】

デットボルトが鎌形状になっているので、バール攻撃のような暴力的破壊行為に対して高い防犯性を示します。

【防犯サムターン(内部)】

スイッチを押しながらでないとサムターンが回らない仕組みになっており、サムターン回しなどの不正開錠に対して高い抵抗力をもっています。

写真

【防犯ドアスコープ】

ドアスコープ外しの不正開錠を防止する空転リングと本体の回転防止構造を採用しました。

写真

PRシリンダー

各住戸の玄関キーは、美和ロックのPRシリンダーを採用。2WAYロータリータンブラー方式により、理論鍵違いは1000億通り。また、ピッキングなどの不正開錠やドリル攻撃にも強い構造を実現しています。

安心のデジタルマンションシステムWindea(ウィンディア)

Windia共用エントランスからの来訪者を確認し、ワンタッチでオートロックを解錠できるカラーモニター付インターホン。今回採用しているWindeaは、さらに多数の機能を搭載し、安心で快適なマンションライフをご提案します。

便利な機能

Windia

安心のデジタルマンションシステムWindea(ウィンディア)

来訪者がロビーインターホンを操作してから、最初の2秒間の映像を子画面に自動再生します。来訪者が動いてしまった時や、いたずら目的の呼び出し時にも、来訪者の顔が確認できて安心です。

Windia

安全

写真

対震ドア枠(玄関)

万一の地震の際に家の中への閉じ込めを防ぐために、ドア枠には対震ドア枠を採用。玄関のドア枠が多少変形してもドアが開けやすいようにドア枠とドアの隙間が多めに設計されています。

写真

AED(自動体外式除細動器)を設置

心室細動という不整脈による心停止を起こして倒れた場合、救急車の到着までの数分間、生死を左右するのは早期救命措置です。そのためのAED(自動体外式除細動器)機器一式を宅配ボックス(リース)に設置し、レンタルでご提供するサービスをご用意しました。

写真

地震・停電時も安心なエレベーター

本震(S波)が到達する前の初期微動(P波)をキャッチするセンサーにより、地震時は最寄り階へ速やかに停止し扉が開きます。さらに停電時自動着床装置や火災時管制運転機能、非常用押ボタンなど安全性に配慮したエレベーターです。

CSPライフサポートメールサービス

携帯電話を使用してご家族の無事が確認できる通信サービスです。

【安否確認】

設定した以上の地震及び津波警報が発生すると自動的に安否確認メールが利用者に配信されます。利用者が安否確認メールに返答すると、あらかじめ登録したご親戚、ご友人等に安否状況を通知します。

【防災配信】

日本気象協会より配信される自然災害情報をリアルタイムでメール配信します。希望する地域と災害情報(地震、台風、津波、火山、注意報・警報)を設定できます。

写真

防災倉庫

各住戸で保管しにくい工具やマンホールトイレ、防災用具などの防災備品を防災倉庫に保管しています。

品質

第三者機関による客観的評価「住宅性能評価」を取得予定

図

見えない構造部分などの住宅性能を、設計段階と施工段階の二段階にて、共通の基準によって国土交通大臣が登録する第三者審査機関が客観的に評価するのが、「住宅性能表示制度」です。構造の安定や空気環境など、10項目を数値や等級でわかりやすく表示します。住宅の品質が明確になるだけでなく、資産的な価値の高さも確保されます。

住宅性能表示は10項目

「住宅性能表示制度」とは…

2000年に施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」により、住宅の品質を全国共通のルールに基づいて審査し、性能を評価することで、どなたでも容易に内容を把握できるようにした任意の制度です。永く安心してお住まいいただくためにも住宅性能評価書をご確認ください。

国土交通大臣登録の第三者機関が評価する安心のシステム

「住宅性能評価書」には、設計の段階を評価する「設計住宅性能評価書」と、施工および完成段階の評価を行う「建設住宅性能評価書」の2種類があります。いずれも国土交通大臣登録の第三者機関が客観的な立場から公平中立に評価を下しますので、安心できる判断材料となります。

長期修繕計画

マンションライフの快適さと資産価値をいつまでも保つために、「ヴェリテ河内長野」では30年の長期修繕計画を立案します。長期修繕計画とは、将来発生が予想される建物・設備の修理について、長期的に計画を立てていくものです。あらかじめ必要修繕事項と予想される費用を算出し、計画的に修繕費を積み立てることによって、将来の大規模修繕に備えます。

優良住宅支援制度の基準をクリア

写真住宅金融支援機構が定める厳しい条件をクリアした物件に適用される金利優遇制度【フラット35】Sベーシック〔金利Bプラン〕が利用可能。

品質管理への取り組み

建設工事着手から竣工に至るまでの検査・チェックを施工会社・工事監理者に加え、国土交通大臣または都道府県知事指定の第三者審査機関が行います。さらに「住宅の品質確保の促進等に関する法律」の中の「住宅性能表示制度」を導入し、国土交通大臣指定の住宅性能評価機関による客観的かつ公平な審査を受けています。

図

図

長谷工プレミアムサービス

直接連絡を受ける「ダイレクト受付システム」により、技術者が的確かつスムーズに対応。専有部・共用部共に保証期間を従来より大幅に長く設定し、定期サービスの回数も増やしました。

図

ページトップへ