なぜ「ヴェリテ大阪福島」が選ばれているの?オススメする4つの理由 なぜ「ヴェリテ大阪福島」が選ばれているの?オススメする4つの理由

元リクルート(SUUMO)住宅のプロが「ヴェリテ大阪福島」を徹底検証!宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナー井口 克美 元リクルート(SUUMO)住宅のプロが「ヴェリテ大阪福島」を徹底検証!宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナー井口 克美

街の再整備により、さらに便利で快適になった大阪市内都心部は、憧れの住みたい街へと変貌している。 そのため、都心のマンション価格は急上昇し、購入するためには多額の資金を用意するか、 広さを我慢しなければならない状況になっている。 そんな購入ハードルが高い中、都心の利便性を享受できる立地でありながら、広さを確保し、 価格的にも手が届きやすいという、そんな欲張りな条件を叶えるマンションが登場した。 それが、「ヴエリテ大阪福島」である。お得感のある当マンションの魅力を5つの視点で紐解いてみよう。

※掲載の「航空写真」は、2021年1月に撮影したものにCG加工を施したものであり、実際とは異なります。あらかじめご了承ください。

都心直結、キタ・ミナミが利用できる交通アクセス

共働き世帯が主流の現在、日常生活に求められるのが、時間効率の良さ。
通勤や買い物の移動時間を短縮する為には、交通アクセスの良さが求められる。
当マンションは、阪神本線「野田」駅より「大阪梅田」駅へ直通2分~4分、Osaka Metro「なんば」駅へ直通9分~10分、JR東西線「海老江」駅より「北新地」駅へ直通3分~4分と、キタとミナミに、短時間でアクセスできる利便性に驚いてしまう。さらに、宝塚や神戸三宮方面にも直結するなど、3駅3線利用できる交通アクセスはとても魅力的だ。
通勤や通学、買い物などが便利で快適なことはもちろん、新幹線を利用した出張や旅行にも便利。目的に合わせて使い分けできるフットワークの良い暮らしが実現する。
複数路線利用できることは、交通トラブルなどがあった場合でも、都心への移動手段が確保できるので心強い。
また、梅田1.2km圏ということもあり、公共機関を利用しないでも自転車で通勤することが可能だ。この恵まれた交通アクセスにより、時間効率の良い暮らしが実現する。

阪神本線「野田」駅
阪神本線「野田」駅

徒歩圏に生活施設が充実する、暮らしやすい街

当マンションの特筆すべき特徴は、徒歩圏に生活施設が充実していること。
「野田阪神ウイステ」や2020年3月にオープンした「イオンそよら海老江」などの大型商業施設を始め、野田阪神本通商店街や野田新橋筋商店街など、買い物施設はとても充実している
さらに、医療施設、学校、郵便局、銀行、区役所など、日常生活に必要な施設が徒歩圏に揃っている。通勤や通学途中で用事を済ませることができるので、とても効率的だ。リモートワークなどの新しい働き方により、日中でも自宅にいることが増えるので、生活施設が身近にあることはとても重要だ。
また、「海老江上公園」や「鷺洲上公園」、「淀川河川公園」など、様々な公園が点在しているので、子育しやすい環境も整っている。 特に、野田阪神エリアは商業施設が多く、賑わいがあるので人の目が多いことも安心感に繋がる
ここでは、全世代が快適に暮らすことができるだろう。
もちろん、都心に近いので、平日でも百貨店で買い物をしたり、映画を見たり、食事をしたり、習い事をするということも可能。生活バリエーションが豊富であることは、生活の豊かさにつながる。生活施設が身近に充実していることは、時間効率を上げるだけでなく、日常生活をより充実させてくれるのである。

徒歩圏に充実の施設がたくさん!

徒歩7分

イオンそよら海老江(約560m)

徒歩11分

野田阪神ウイステ(約810m)

徒歩5分

サンディ福島鷺洲店(約400m)

徒歩6分

大淀西公園(約480m)

自転車8分

JCHO大阪病院(約1870m)

自転車6分

福島区役所(約1270m)

徒歩3分

淀川河川公園(約230m)
※現在整備工事中の為、令和7年4月まで使用不可(予定)

進化を続ける大阪・梅田まで1.2km圏の価値

当マンションは梅田から約1.2km圏。うめきた2期の開発エリアまで歩いていける距離である。都心の開発エリアに近いメリットは、進化する都市機能を日常的に利用できるだけでなく、時代のトレンドを身近に感じられる刺激のある生活ができることだ。
うめきた2期(2024年先行まちびらき予定)では、先進の商業ビルやホテル、オフィスの他、中心部に約45,000㎡の都市公園が計画されている。また、地下では新駅「うめきた(大阪)地下駅」が建設中で、2031年には新大阪と関西空港を直結する「なにわ筋線」が開業する予定だ。
さらに、大阪駅西側の大阪中央郵便局の跡地では地上40階建ての複合商業ビルが建設中。このように開発の波は大阪駅から西側へと広がっている。 一般的に、開発エリアの立地評価が上がることで、隣接するエリアの評価も上がる傾向にある。
今後、インバウンド需要が復活することも考え合わせると、この「うめきた」には、世界中の人が集まってくることだろう。当然エリア評価はさらに上がり、その影響は、隣接する福島エリアにも及ぶと考えられる。梅田1.2km圏は、ワクワクする未来が感じられる距離なのである。

魅力ある福島区で、平均より割安な「ヴェリテ大阪福島」

大阪市内の都心部のマンション価格は上昇傾向にあります。
そのため、都心で70㎡の広さのマンションを購入するとすれば、かなりの高額になってしまいます。
2021年の区別平均㎡単価は下図の通り。具体的に、区別の平均㎡単価を70㎡換算すると、北区は、9303万円、中央区は、6881万円、西区は7385万円となります。福島区においても、6153万円となりますので、手が届きにくい価格ではないでしょうか。こうなると、都心での購入を諦めるか、価格を抑えるためには、広さを我慢しなければなりません。
しかし、当マンションにおいては、71㎡超の住戸が4,599万円〜購入できます。区別の70㎡換算の価格と比べても、当マンションの価格がいかに手が届きやすい価格か、わかるでしょう。これなら、広さを我慢する必要もなく、無理のない資金計画で、都心のマンションが手に入ります。 現在、建築費は上昇を続けています。鉄やコンクリートなどの材料費が高騰していることに加え、人手不足による人件費の上昇や、カーボンニュートラルへの対応など、建築費が下がる気配はありません。むしろ、上昇する材料のほうが多い状況です。
そういう観点から考えると、今後のマンション価格が下がる可能性は極めて低いといえるでしょう。低金利で住宅ローンを利用できる今、購入できる機会を逃さないことも、賢い住まい選びのために必要なことです。

梅田との単価はこのくらい違う「ヴェリテ大阪福島」※70㎡あたり

開発が進む都心部の中でも、特に大阪、梅田周辺のマンション価格は高水準で推移しており、70㎡の広さに換算すると、約9300万円という価格になっています。(2021年)一方、梅田から1.2㎞圏の「ヴェリテ大阪福島」では、71㎡超が4599万円~と、ほぼ半分の価格になっています。都心の利便性を享受できる距離でありながら、これだけ価格差があることを考えると、「ヴェリテ大阪福島」は、とても「買い得感」があるといえるでしょう。

※交通所要時間は、朝の通勤ラッシュ時の目安であり、時間帯により多少異なります。概ねの乗り換え、待ち時間等が含まれます。

※鉄道の所要時間は、「Yahoo!路線情報」2022年7月調べ。

資料請求 来場予約