コンセプト

想像を超える潤い

堺は、かつて、摂津・和泉・河内の三国が交わる“境目”であり、
三国ヶ丘は三国が交差する地であったことから、その名を冠したと言われます。
4世紀から6世紀にかけては、仁徳天皇陵古墳をはじめ履中天皇陵古墳などの墳墓が築造された誇り高き聖域。

今日では、三国ヶ丘はこうした歴史的資産や豊かな緑を継承する文教の薫り高い閑静な住宅街として、憧憬を集めてやみません。
その街並みの象徴とも言うべき「けやき通り」は、約170本ものけやきが連なる緑のトンネルを形づくり、
三国ヶ丘有数の美観を誇ります。

私たち南海不動産は、半世紀近くの樹齢を重ね、人々に愛され、幸せを見守り続けるこのけやきのように、
三国ヶ丘という傑出の地にふさわしい永住の住まいを創造したい。
潤いある環境、快適な暮らし、心に感じる大いなる豊かさと誇り。

その全てが想像を超えることを命題に、
万感の思いを込めて、
今ここに「想像を超えるマンションプロジェクト」、始めます。

 
潤い、誇り、豊かさ、快適

※掲載の周辺写真は、2020年10月に撮影したものです。※室内写真はイメージです。