「交通利便性」「生活利便性」「整った住宅環境」の3要素に恵まれた立地

天王寺・なんば・梅田の都心へ直結する魅力的な交通アクセス

マンション選びにおいて、立地はとても重要な要素。便利で快適な生活のためには、「交通利便性」「生活利便性」「整った住宅環境」の3要素が高いレベルで揃っていることが求められる。
そう考えると、この3つの要素をバランスよく兼ね備えた「ヴェリテ三国ヶ丘」の立地は、とても魅力的だ。
2路線が利用できる「三国ヶ丘」駅徒歩5分、2大都市圏に10分台でダイレクトアクセスできる高い「交通利便性」。徒歩圏に日常生活に必要な施設が充実する「生活利便性」。閑静な住宅街で公園が点在し、自然環境が身近な「住宅環境」
これらがバランスよく揃い、全ての世代が快適に暮らせる立地と言えるだろう。
本物件は、南海高野線・JR阪和線の「三国ヶ丘」駅へ徒歩5分という近さ。
2路線が利用でき、JR「天王寺」駅へ直通12分、南海「なんば」駅へ直通17分、JR「大阪」駅へ直通28分と、都心に短時間でダイレクトにアクセスできる(※2)。またJR「三国ヶ丘」駅には快速・関空快速が停車するので、関西国際空港も利用しやすい。

共働き世帯やシニア世帯にも魅力的!現代の価値観に合ったライフスタイルを満たす立地特性

近年、共働き世帯が増加傾向にあり、いかに時間効率を上げるかが重要な課題だ。マンション選びにおいても交通利便性が重視される傾向が強くなっている。実際、新築分譲マンションの契約者アンケート(※3)でも「最寄駅からの時間」「通勤アクセスの良いエリア」がマンション購入の重視項目の上位にある。さらに高齢者も人生100年時代を見据えて、駅に近く周辺に生活施設が充実している立地を選び、便利で快適な暮らしを求める傾向にある。駅徒歩5分、都心にダイレクトアクセスできる交通利便は、「時間効率」を求める共働き世帯や、駅近を求めるシニア世帯にとって、とても魅力的なのである。
また、南海高野線とJR阪和線のどちらの駅にも徒歩4分(※4)以内の新築マンションは、過去20年間で、わずか6物件しかない(※4)。それだけ希少性が高いということになるので、資産性の面からも期待値が上がる。将来、転勤や住み替えなどの場合でも、交通利便性が高く、幅広い年代のニーズに応えられる当マンションは、売りやすく貸しやすいマンションと言えるだろう。

資料出典/総務省統計局「労働力調査特別調査」、総務省統計局「労働力調査(詳細集計)」
2020年関西圏新築マンション契約者動向調査(2021年3月リクルート調べ)

※1:住宅専門家 井口克美氏(三国ヶ丘駅前で撮影)
※2:JR「天王寺」駅へは快速利用、南海「なんば」駅へは準急利用、JR「大阪」駅およびJR「関西空港」駅へは関空快速利用の場合
※3:2020年関西圏新築マンション契約者動向調査(2021年3月リクルート調べ)
※4:2021年9月MRC調べ 2022年9月1日より「不動産の表示に関する公正競争規約」改正に伴う一部広告表示変更があり、現在は徒歩5分表記となります。
※5:堺市ホームページより(2021年4月1日現在)
※6:住宅専門家 井口克美氏(モデルルームにて撮影)
※徒歩分数は、本物件より80mを1分で算出した概算時間です(1分未満は切り上げ)。電車については2022年8月現在の時刻表で測ったもので今後変更となる可能性がございます。
※交通所要時間は、朝の通勤ラッシュ時の目安であり、時間帯により多少異なります。概ねの乗り換え、待ち時間等が含まれます。(2022年8月調べ)。
※掲載の周辺写真は、2020年10月に撮影 ※周辺環境データは、2022年8月の調べ