ヴェリテ津久野
井口氏がプロの目線で「ヴェリテ津久野」の資産価値を分析!
現地にて
Profile
一般社団法人
住まいる総合研究所 代表理事
井口 克美

宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナー
1987年神戸大学卒業。同年、株式会社リクルート入社。以来27年間にわたり、住宅情報誌の広告営業に携わる。今まで見学したモデルルームや現地は2,000件以上。担当してきたクライアントは100社を超える。また、3万人以上の契約者データをもとにユーザーの心理、傾向を分析し、広告展開や販売戦略にも精通している。

現地にて

ポイント01 駅徒歩3分”が叶う希少なマンション。 ポイント01 駅徒歩3分”が叶う希少なマンション。

駅近に住むメリット

駅に近いことはさまざまなメリットがあります。毎日の通勤が快適になりますが、通勤時間を短縮できることで朝ゆっくり食事をしたり、家族と過ごす時間やプライベートの時間を増やせます。また、雨の日や荷物が多くてもストレスなく通勤ができ、帰りが遅くなっても、駅に近いと子供や女性にとっては夜道も安心・安全につながります

「ヴェリテ津久野」は駅に近いだけでなく、駅まではフラットな道のりで、交通量の多い道を横断することもなく、信号の待ち時間を気にせず駅の改札まで安全に歩くことができます。

最近は自家用車を所有されない方が増えており、休日のショッピングやレジャーも電車を利用することで天王寺や難波へのアクセスもスムーズです。また、共働きの方やプライベートの時間を大切にされる方にとっても「駅近」に住むことはますます幅広い方に需要が高まっています

駅徒歩3分の希少性

「ヴェリテ津久野」はJR「津久野」駅徒歩3分

駅周辺には通常、商業施設などの建物が多く、まとまった土地が少ないため駅までの距離が近ければ、新しくマンションの事業化ができる場所を見つけるのはとても困難です。さらに都心部では土地価格上昇にともない、駅まで徒歩3分以内となるとマンションの数も非常に少なくなる傾向にあり、堺市内で過去10年間に販売された新築マンションは17物件しかありません

戸建てと比べ、マンションは特に駅に近いことによる住宅ニーズが高く、不動産の資産性を考えると中古売却時のリセールバリュー(下図参考)も駅に近くなるほど高くなるため、駅徒歩3分の立地は非常に希少性が高く値くずれしにくいといえるでしょう。

駅近で嬉しかったランキング 駅近で嬉しかったランキング 大阪市と堺市の価格上昇について
大阪市と堺市の価格上昇について

駅3分は住みやすい場所

駅周辺には一般的に夜遅くまで営業している商業店舗も多く、駅に近すぎると騒音やネオンの明かりなどの障害も多く、また駅前ロータリーにはバスやタクシー、自動車の往来も多いため、住宅環境を考えると車の騒音などが気になる環境です。

駅徒歩3分の距離は、日常の生活利便性を担保しながら住宅環境が維持されています。「ヴェリテ津久野」は幹線道路に面しておらず、一歩区画の中に入った環境はマンション立地として、比較的静かで、利便性が高い、住みやすい理想的な場所だといえるでしょう。

PROFESSIONAL VIEW 不動産(マンション)は資産性が大切。

お住まいされる方の生活環境はもちろん大事ですが、賃貸住宅と違うことは購入された不動産(マンション)の資産性が大切です。購入すれば、長期に渡ってお住まい(所有)されることになりますが、ライフスタイルの変化による住み替え(売却)や、転勤時などに一時的に賃貸にする可能性があります。
そういった将来のビジョンを考えると、売却や賃貸しやすい需要が高い「駅近の不動産(マンション)」を購入することで資産形成手段の一つになります。

ポイント02利便性が高く、周辺環境も良好。
資料請求 来場予約