DESIGN

VERITE TONDABAYASHI

DESIGN

外観完成予想図

スケール感あふれる、
スタイリッシュで都会的な外観

駅前エリアのランドマークとして燦然と輝きを放つ外観デザイン。外壁はグレー系ブラウンのタイルを中心としたスタイリッシュな色調で、下層部は飴色のタイルを施し和モダンな表情に。 さらにホワイト系のマリオンなどでアクセントを施すことで、陰影を描き出した。バルコニーは軽やかなガラス手摺りで構成し、住居に光を取り込み開放的な暮らしを実現した。 その麗姿こそが私邸としての品格を醸し出し、住まう方の誇りを満たしてくれるだろう。

街ゆく人に上質な暮らしを印象づける意匠

アプローチは歴史が息づく街にふさわしく、和の風情を感じさせる厚みのあるタイルで重厚感と安定感を表現した。エントランスロビーからこぼれる柔らかな光が気品ある表情を描き出し、住まう人とゲストを優美にエスコートしてくれる。

豊潤な植栽がエスコートするエントランスアプローチ

エントランスは通りから十分な距離をとり、視線を受けにくい工夫を凝らし、私邸としてのプライベート感を高めました。穏やかなS字を描くようなエントランスアプローチにはシンボルツリーのシマトネリコを中心に、季節の移ろいを感じさせる豊潤な植栽を配置し、潤いを楽しみながら過ごせるベンチも設置。このエントランスロビーへと続く動線が、オンとオフの時間をやさしく切り替えてくれるだろう。

質感のあるマテリアルが豊かな表情を演出。

この地にふさわしい品格を印象づける外観にはガラス手摺と調和するグレー系のブラウンタイルを使用。基壇部は飴色のタイルで、建物全体に落ち着きとモダンさを与えました。また、グランドエントランスの壁面には、日本古来の技と色を取り込んだ面状が魅力であるアクセントタイルを選定し、上質感漂う迎賓の空間を目指しました。

※掲載の完成予想図は本物件の敷地内を図面を基に描き起こしたものですが、実際とは異なります。また、行政官庁の指導、施工上の都合により、建物の形状・仕様・色彩・植栽等に変更が生じる場合があります。